< 前に戻る

ラ・レゼルヴ・ド・ロベディエンス

ラ・レゼルヴ・ド・ロベディエンスの根源は個性ある高級白ワインのエスプリの探求にあります。テロワールに根付きながらもワイン造りの職人の技がしっかり感じられるワインです。1991年に初のミレジムを生み出して以来、ラ・レゼルヴ・ド・ロベディエンスはその初心を守り続けています。 ラ・レゼルヴ・ド・ロベディエンスの年間生産本数は3000本。いかなる妥協も許さずに造り上げられた、究極のシャブリ・グラン・クリュ レ・ブランショです。

ユニークなアッサンブラージュの魔法

ラ・レゼルヴ・ド・ロベディエンスは、メゾン・ラロッシュがその大半を所有しているブランシュのグラン・クリュから生まれます。テロワールの恵みを受けたぶどうは全て手摘みで収穫され、選別も手作業で行われます。収穫されたぶどうの圧搾汁はそれぞれの区画ごとに別々の樽またはタンクで発酵・醸造されます。樽にするかタンクにするかどうかは区画の特徴によって決定されます。区画ごとに発酵・醸造された原酒のアッサンブラージュは初夏に行われます。ラ・レゼルヴ・ド・ロベディエンスの原酒として選ばれるのは、格別に洗練された、シルクのようななめらかな風味をもつ素晴らしい原酒のみ。テロワールに忠実で、洗練された、上品で、複雑で濃厚な風味が融合し、ミネラル質が感じられるという理想のワインを目指して生まれるのがラ・レゼルヴ・ド・ロベディエンスなのです。このワインは最低でも20年は寝かせておくことができます。

世界中の高級レストランで愛されているグラン・クリュ

ニューヨーク、東京、モスクワ、パリなど、ラ・レゼルヴ・ド・ロベディエンスは世界中の高級レストランのメニューに載っているワインです。高級ワインではあっても気取って飲むことはありません。繊細で豊かな風味のワインを求めるワイン愛好家なら誰でも魅了されるワインです。調和良くバランスが取れているラ・レゼルヴ・ド・ロベディエンスは多くの料理と相性が良く、気軽な集まりから高級レストランでのディナーまで、どんな機会にもぴったりです。この素晴らしいワインを分かち合うひと時は忘れ難い思い出となることでしょう。

+ラ・レゼルヴ・ド・ロベディエンスの詳細についてはこちらのリンクから